>  > ひきこもり御用達風俗

ひきこもり御用達風俗

渋谷に住んでいる24歳の男です。僕は引きこもりです。外に出たくない引きこもりにも性欲はあります。しかし、当たり前ですがひきこもりは女にモテません。性欲処理は基本的にオナニーですが、たまには本物の女性にさわりたいです。外に出たくない僕みたいな人には、渋谷のデリヘルが一番です。風俗嬢は、いつも優しくしてくれます。ほかの女性と違って、ひきこもりのネクラにも冷たくありません。シャワーでも、ぼくの体を丁寧に洗ってくれます。こんなことをしてくれるのは、母親だけです。さて、ベッドでの戦いに入ります。やはり現実の女性はさわり心地がいいです。ネットで見る映像とは違って、すべすべした肌を堪能できるのはうれしいです。そして、デリヘル嬢はわたしを優しく導いてくれます。「乳首にさわって」とか、「××をなめて」などと言ってくれるので、それに従います。さらに、エッチな声を出して、気持ちいいという様子を見せてくれます。おかげでこちらも気持ちよく、射精できました。この風俗嬢の感触をしっかりと覚えておけば、明日からのオナニーライフも充実します。

手コキでの快感

お金がないけど女の子と遊びたい、エッチな刺激がほしいという方は、手コキかオナクラというソフト風俗に行くのがいいでしょうね。私は渋谷にある手コキに、この前行ってきました。ヘルスとかだと、1万円を超える金額がかかりますが、手コキなら、ほとんどそんな心配はありません。手コキのお店で、オプションにバストタッチを付けました。ただ、人気のある店だからか、随分待たされますね。お部屋に通されて、さらにまたしばらく待ってから、女の子とご対面です。背が高く、スレンダーで、色っぽい目つきをしています。わたしの隣に座ると、上半身の服を脱ぎました。形のいいバストがあらわになります。わたしの方もズボンを脱ぎ、あまり立派なものでもない局部を出します。すでに勃起しています。わたしが彼女の胸を両手で揉み、彼女がわたしの局部を手で包みます。お互いに気持ち良くなりながら、やがてわたしの局部が臨界点に達し、精液が勢いよく飛び出して行きました。それは素晴らしい時間でした。待っていた甲斐はありましたね。

[ 2016-10-08 ]

カテゴリ: 風俗体験談